NPOとNGOの違い

NPOとNGOの違い

NGOとは

「Non-Governmental Organization」の略語で、「非政府組織」と訳されます。 広い意味では政府でない団体、つまり民間団体全般を表しますが、 日本では「国際協力に携わる民間団体」というような意味で用いることが一般的です。

NPOとは

「Non Profit Organization」の略語で、「非営利組織」と訳されます。 非営利団体はすべてNPOですが、その中で、特定非営利活動促進法(NPO法)という法律に基づいて認証を受け設立された法人を、特にNPO法人(特定非営利活動法人)といいます。

NGOとNPOの違い

NGOとNPOとは、対立する概念ではなく、明確に区別はできません。
ある民間団体を「非政府=民間」という点に着目すればNGOであり、「非営利」である点に着目すればNPOとなります。

ただ、日本では、法人として認められたNPO法人(特定非営利法人)の制度があるのに対して、「NGO法人」という制度はありません。

※国際的な活動をするNPO法人、というのはあります。

NPO法人運営ガイドブック

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事