NPO法人と会社の違い

NPO法人と会社の違い

NPO法人と会社は会社形態では、どのような違いがあるのでしょうか? ここでは、設立するときの違いをご紹介します。

設立費用

NPO法人と会社とで最も大きく異なるのは、設立にかかる費用です。NPO法人は、資本金ゼロ、認証手数料や登記費用もゼロと、設立に関して費用はほとんどかかりません。それに対して会社では、資本金が必要で、法定費用もかかります。

NPO法人 株式会社 合同会社(LLC)
資本金 0円~ 1円~ 1円~
定款認証手数料 0円 約5万円 0円
定款に貼付する
印紙代
0円 4万円 4万円
登録免許税 0円 15万円 6万円
その他 印鑑代など 印鑑代など 印鑑代など

NPO法人は設立費用の面で大きなメリットがあります。しかし、以下のようなデメリットもありますので、クリアできるか検討する必要があります。

事業内容

NPO法人では、活動内容(事業目的)は基本的には非営利事業でなければなりません。

例えば「保健・医療又は福祉の増進を図る活動」など、主たる事業が20分野の非営利活動 のいずれかにあてはまらなければなりません。

これに対して、会社の場合は、営利事業であって適法な事業であれば、基本的に事業内容に制限はありません。

設立期間

NPO法人は、認証申請をしてから完了まで最短で2か月程度最長で4か月かかります。さらに、書類作成など準備期間も考える必要があります。

一方、会社の設立期間は、おおよそ2週間~4週間くらい+準備期間です。

NPO法人運営ガイドブック

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事