NPOとボランティアの違いは?

NPOとボランティアの違いは?

NPOとボランティア

NPOとは、N(Non=非)、P(Profit=利益)、O(Organization=組織)の頭文字をとった略語で、「営利を目的としない、社会貢献活動を行う民間の組織」をいいます。
「営利を目的としない」の意味はこちらを参考になさってください。

一方、ボランティアとは、よりよい社会づくりのために善意で活動する個人のことをいいます。

NPOが組織や団体のことを指すのに対し、ボランティアは主として個人を指します。
個人のボランティアの活動が広がり、組織としてまとまって活動するようになると、ボランティア団体と呼ばれます。

前述したように、NPOとは民間の非営利組織全体を指すので、ボランティア団体もNPOの一種といえます。


NPOとNPO法人

NPO(民間非営利団体)のうち、特定非営利活動促進法(NPO法)に基づいて認証を受けて法人格をもつ団体のことを「NPO法人」といいます。

NPO法人運営ガイドブック

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事