NPO法人設立手続きや書類作成は自分でできますか?

NPO法人設立手続きや書類作成は自分でできますか?

NPO法人の設立申請は、もちろんご自身(設立者)が手続きを行うことは可能です。
行政書士経由で申請しなければならないといった決まりはありません。

問題は、自分で書類作成や手続き行うのは難しいかどうかですが、
申請書類の種類は11種類もあり、細かな注意点も多いので、株式会社設立などと比較すると「かなり難しい!」と感じる方が多いと思います。

書類作成や手続きは自分で出来るかといえば
時間と労力をかければ、出来ないことはないと思います。

どれくらいの手間や時間がかかるかのかは、ケースバイケースです。
事業計画や活動予算の作成など難なく出来る方、苦手な方など様々ですが、
書類作成が得意な人だからといって、早く設立できるとは限りません。

役所に事前相談して、あれこれと訂正箇所を指摘され、
直してまた相談に行って・・・ということを繰り返して、1年くらいもかかってしまった、というお話もよく聞きます。
また、申請してから審査段階で修正を指摘されることも多いです。

修正して追加提出で済むなら良いのですが、
そもそもNPO法人の要件に合致していないときは不認証になってしまいます。

(実際には要件が整っていたとしても、書類の書き方が要件に合った書き方になっていない場合もあります。)
不認証の場合、不認証になった原因を解消すれば再度申請できますが、
手続は最初からやり直しになってしまいます。
2度目の申請だからといって、期間が短くなることはありません。

NPO法人は、スムーズにいったとしても3~4か月ほど時間がかかってしまいます。
初めて手続される方は、もっと時間がかかってしまうと考えてほぼ間違いないと思います。

実績多数の専門家に依頼するメリットは、書類作成などの労力を省けるというのももちろんありますが、
時間を無駄にしなくてすむ、という点が大きいと思います。

NPO法人運営ガイドブック

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事