保健、医療又は福祉の増進を図る活動の事例

保健、医療又は福祉の増進を図る活動の事例


NPO法人で、この分野の活動を行う法人が最も多いです。(2012年9月現在、内閣府集計)

「保健、医療又は福祉の増進」には、健康や医療に関することと「社会的弱者」を支援・サポートする事業が該当します。

例えば、高齢者、子ども、児童、障がい者、要介護者などに対する支援や情報提供の活動のほか、近年は多重債務者、低所得者、生活困窮者、犯罪被害者などの社会的弱者に対する支援活動を行うNPO法人も多くなっています。


具体的には、以下のような活動例が挙げられます。

保健

  • 高齢者の健康づくり教室開催
  • 介護予防サービス・支援
  • 健康、保健、病気予防に関する調査、研究、広報や講演会、研修、セミナーの開催


医療

    医療

    • 医療・学術関係学会の運営
    • 医療・学術団体支援
    • 開発途上国への先端医療技術支援
    • 発達障害児、家族の支援
    • 医療・医薬品開発のための支援活動
    • 心理療法の普及
    • 医療コンシェルジュの教育訓練
    • ○○病患者・家族の支援活動

    福祉

    • 障害者自立支援施設
    • 障害者自立支援法に基づく一般・特定相談支援事業
    • 障害福祉サービス
    • 高齢者介護サービス
    • デイケアサービス
    • 訪問介護事業
    • 介護予防サービス
    • 介護する人の教育・育成
    • 障害や認知症に対する理解を深めるための普及啓発活動
    • 障害児・者の生活サポート
    • 子育て支援
    • 子育てカウンセリング
    • 生活困窮者の為の入居施設の運営
    • 小規模住居型児童養育事業
    • 虐待を受けた児童の支援
    • 高齢者と子供などの交流活動
    • 障害者のパソコン教室

NPO法人運営ガイドブック

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:0120-189-819(10:00~19:00 月曜日~土曜日)
お問い合わせボタン

タグ

関連記事